めのつけどころ

身の回りのきろく。 もろもろのレビューと気になることを徒然に書いています。(暫定

【漫画読書】不滅のあなたへ 大今良時

架空の時代、国で不死の存在であるフシが形を変えながら自分の周りの人間に影響を受けながら成長していく。

一巻目からジャンルがどう分けられるものなんかしら、とかなり興味をそそられました。

二巻目も謎が深まる要素ありで 結構面白い。


ジャンル関係なく読んではいるのですが
この作家さんの作品は人間の動きに迫力があって好き。そして絵がかわいい。かわいいけど内容は結構えげつない時がある。。

動きだけでなく心情的な書き方がうまい。

マルドゥック・スクランブル (冲方丁 原作)のコミカライズから追っていて作品が出るたびに購入しているんだけども

原作を損なうことなくかける漫画家さんだと思ってる。





聲の形 は しばらく話題作になりすぎてたからか ちょっと買うのを躊躇してたのだけど
昨年購入。 障害を持つものに対してのいじめの様子がきついものだった。

でその後いじめをしていた本人がいじめられる側にまわることになってって。本人は当時いじめていた相手に高校生になってから謝りに行くのだけど、加害者側で自分のしたことを顧みるやつは少数だろな、と思う。

綺麗事だけでは難しいんだろうなぁ。

心の機微がうまい作品を書かれるので好きです。